掘らずに大漁の潮干狩り(三重県・松名瀬海岸)

f:id:awajitakota:20200531155432j:plain

今年もマテ貝採りに行ってきました。

 

f:id:awajitakota:20200531155559j:plain

緊急事態宣言が出る前に行ったのですが、浜の入り口で漁協の人?がこんなチラシを配っていました。アサリって採ったらダメなのですね( ..)φメモメモ

どうせ狙いはマテ貝ですから!

そもそもこの浜でアサリってほとんど採れないような気がします。

 

f:id:awajitakota:20200531160053j:plain

いつも行ってた浜は今年は禁漁区になっていて反対側の浜に誘導されました。

ただ、緊急事態宣言後は今年いっぱい潮干狩りは全面禁止になったみたいですのでご注意を!

 

f:id:awajitakota:20200531160545j:plain

さて、マテ貝採りに必要なのは、大量の塩です。

100円均一で売っているソースの入れ物に塩を入れると使いやすいです。

 

f:id:awajitakota:20200531161135j:plain

次にスコップもしくはクワです。

ステンレスのクワを買ったので今回初めて使ってみます。

 

f:id:awajitakota:20200531161308j:plain

さあ、いよいよマテ貝のいそうな所を探していると、中身のある貝がチラホラ落ちているので拾いながらマテ貝の住処を探します。

 

f:id:awajitakota:20200531161509j:plain

ここマテ貝いそうと思って少し掘ってみると・・・

 

f:id:awajitakota:20200531162349j:plain

でっかいバカ貝がw

バカ貝って言いますけど「アオヤギ」っていう高級すしネタですのでね。

私は喜んで持って帰ります。

 

f:id:awajitakota:20200531162521j:plain

次こそはマテ貝を!

 

f:id:awajitakota:20200531162553j:plain

この穴はマテ貝いそうです!

塩をたっぷり流し込んで少し待ちます・・・

 

f:id:awajitakota:20200531162649j:plain

はい出てきました!

カメラのアングル悪くてすみません。

 

f:id:awajitakota:20200531162749j:plain

次の穴もマテ貝いそうです。

塩をダバダバかけてっと・・・

 

f:id:awajitakota:20200531162846j:plain

少し待ちます・・・

 

f:id:awajitakota:20200531162919j:plain

頭出したの見えます?

 

f:id:awajitakota:20200531162956j:plain

すかさず引っ張り出します!

うかうかしてると穴の中に引っ込んでしまいますので、素早く引っこ抜きましょう!

 

f:id:awajitakota:20200531163120j:plain

マテ貝いそうなところを探しながらフラフラ歩いていると・・・

 

f:id:awajitakota:20200531163355j:plain

大きい貝がいっぱい落ちてます。これはバカ貝ですね。

バカ貝はなかなか砂を吐かないからバカ貝って言うのらしいのですが、ボイルしてむき身にして、身をひっくり返したらキレイに砂が取り除けておいしくいただけます。

 

f:id:awajitakota:20200531163430j:plain

はい、また来ました!

 

f:id:awajitakota:20200531163637j:plain

これはずっと赤貝だと思っていたのですが、サルボウガイって貝らしいです。

安い寿司ネタの赤貝は全部これみたいです。

殻だけじゃなくて身も赤貝そっくりです。これも喜んで持って帰ります。

 

f:id:awajitakota:20200531164003j:plain

超大物が落ちています!

いやほんと、いっぱい落ちてるので、マテ貝を掘るのもアホらしくなってきました。

 

f:id:awajitakota:20200531164128j:plain

この貝は地元の人に聞いたら「まんじゅう貝」って教えてもらったのですが、ネットで調べると「かがみ貝」ってのにも似ています。

どっちにしても身が大きくて美味しいのでこれも持って帰ります。

 

f:id:awajitakota:20200531164447j:plain

マテ貝掘りはさぼって、拾い歩いていたらこんな大物が大漁です。

貝の場合は「大漁」か「大量」かどっちが正しいのでしょうかね?

そろそろ潮が満ちてきたので引き上げます。

 

f:id:awajitakota:20200531164651j:plain

さて、今回はマテ貝はほとんどいません。

そりゃ掘らなかったら採れる訳ないですよね。

その代わり、大物の貝をたくさんおみやげに持って帰る事が出来ました。

特にバカ貝はみんなが捨てるので、そこら中に落ちてます。

 

f:id:awajitakota:20200531165141j:plain

まずはまんじゅう貝を焼いてみます。

 

f:id:awajitakota:20200531165219j:plain

めっちゃいい匂いしてきましたよ。

醤油を垂らして食べてみましたが・・・

砂がジャリジャリでした・・・

やっぱり、焼いて食べるにはしっかり砂抜きをしないと駄目ですね・・・

 

f:id:awajitakota:20200531165419j:plain

次は見た目ほぼ赤貝のサルボウガイを刺身にしてみます。

 

f:id:awajitakota:20200531165600j:plain

無理やりこじ開けてみると中は砂だらけでした!

この砂をキレイに洗って内臓を取ります。

 

f:id:awajitakota:20200531165738j:plain

どうですか?

色と言い見た目と言いほぼ赤貝ですやん!

 

f:id:awajitakota:20200531165837j:plain

しょうゆをつけていただきましたが、おいしいです。これはほぼ赤貝ですw

 

f:id:awajitakota:20200531170144j:plain

残りは全部むき身にして、貝飯とみそ汁にしました。

砂もキレイに流したので美味しくいただけました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回の記事はあなたのお役に立ちましたか?

今回の潮干狩りはYouTubeで動画の配信もしています。

画像だけでは伝えられない臨場感もお楽しみください。

 


掘らなくても貝大漁の潮干狩り!三重県・松名瀬海岸

 

海も山も大好きチャンネルでは他にもたくさん動画を配信していますので、ぜひ遊びに来てくださいね。

あなたのチャンネル登録が動画更新の励みになります。

www.youtube.com

 

いつまでもみんなで釣りや潮干狩りを楽しめるようにゴミと思い出は自分で持ち帰りましょう。

 

念願のホタルイカ爆湧き!(富山県・岩瀬漁港)

f:id:awajitakota:20200520132343j:plain

今回の記事は3/25に行った時のものです。

今年は豊漁?

3月に入って爆湧きが続いているとの情報を得て、何とか仕事を調整して、新月の前後1日に休暇を取ることができました。

しかもこの日は大潮です。

f:id:awajitakota:20200520133108j:plain

いつもの岩瀬漁港です。

前日の晩から来ていたのですが、その日は風も強く不発でしたが、粘ってなんとか3匹とるのがやっとな状況でした。

夜があけて近所の銭湯で風呂に入り、仮眠をとっている時に大雨が降ってきて、これは最悪のコンディションだなとテンションもダダ下がりでしたが、夕方になると雨もなんとかやんできました。

 

f:id:awajitakota:20200520133855j:plain

夕マズメの頃には晴れてきたので、竿を出そうと思ったら昨年まではなかった柵ができていました。

ここ岩瀬漁港もどんどん立ち入り禁止場所が増えていきます・・・。

仕方がないので手前のテトラで投げます。

 

f:id:awajitakota:20200520134709j:plain

 

ここの神通川河口付近はシーバスがよく釣れています。

一昨年に来た時は私の目の前で70や80を釣っている人を見かけてテンションMAXで、自分も竿を出しましたが、まわりがどんどん釣る中で自分だけボウズという苦い経験があります。

大潮の下げ潮時期ですので期待できるのでは!?

 

f:id:awajitakota:20200520134935j:plain

しばらく投げましたが、アタリすらないので、また、夜まで仮眠です。

0:00頃から30分おきに目覚ましをセットしていたら、1:30ころにあたりが騒がしくなってきました。

 

f:id:awajitakota:20200520135259j:plain

ポツポツ湧いてきたみたいです。

岸壁の方には人がうじゃうじゃいるのにスロープの方を見ると誰もいません。

これはチャンスです。

 

f:id:awajitakota:20200520135506j:plain

しーん・・・

1匹もいません・・・

いつもはスロープでも結構とれたのですが・・・

 

f:id:awajitakota:20200520135637j:plain

岸壁の方に来てみると結構湧いてます。

 

f:id:awajitakota:20200520135726j:plain

ものの数分で300匹くらいはいるでしょうか?

 

f:id:awajitakota:20200520135835j:plain

いっぱい湧いてきましたぁ!

湧く?沸く?どっちの漢字が正しいのでしょう?

 

f:id:awajitakota:20200520135950j:plain

海が真っ赤になるくらいホタルイカだらけです。

 

f:id:awajitakota:20200520140048j:plain

必死でとっているとタモに違和感が・・・

 

f:id:awajitakota:20200520140126j:plain

なんと!こんな時にタモが壊れてしまいました!

チャンスロスすぎる・・・

近所のコンビニにアミが売っていたはずですので急いで買いに走りました。

 

f:id:awajitakota:20200520140305j:plain

コンビニに着くとなんとアミも1本しかありません!セーフ(汗)

そのアミを買うと急いで漁港に戻りました。

 

f:id:awajitakota:20200520140514j:plain

お祭り騒ぎはまだまだ続いています。

チャンスロスを取り返そうと私も必死でとります!

 

f:id:awajitakota:20200520140641j:plain

なんとこのアミの方が軽くてとりやすいです。

5mもあるタモとかは、ポツポツしか湧いていない時に遠くにいるイカをとるには便利ですが、これだけ爆湧きしている時は2mくらいのコンビニにあるアミの方が手返し良く効率的に獲れます。

 

f:id:awajitakota:20200520141046j:plain

 あっというまにバケツ満タンになりました。

ホタルイカをとりにきて5年目になりますが、こんなに湧いたのは初めてです。

 

f:id:awajitakota:20200520141549j:plain

この量をみてください!

 

f:id:awajitakota:20200520141641j:plain

いやホントにすごい量です。

 

f:id:awajitakota:20200520141909j:plain

この恨めしそうな目・・・

イカの目ってこわいですよね((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

f:id:awajitakota:20200520142029j:plain

近所や同僚にあげまくってもまだまだあったので、干しホタルイカをつくってみました。

 

f:id:awajitakota:20200520142138j:plain

ネットにきれいに並べていきます。

 

f:id:awajitakota:20200520142229j:plain

仲良く並んでいます。

なんか「こいのぼり」みたいです。

 

f:id:awajitakota:20200520142334j:plain

あとは定期的に何度かひっくり返してまんべんなく乾かしたらできあがりです。

 

今回の記事はあなたにとってお役に立ちましたか?

今回の釣行?はYouTubeで動画も配信しています。

ブログの静止画だけではお伝え出来ない楽しさも動画ならその場の臨場感もお伝え出来ます。

ぜひご視聴ください。


ホタルイカ爆湧きしました!(富山県・岩瀬漁港)

 

 

海も山も大好きチャンネルでは他にもたくさんの動画を配信しています。

ぜひ遊びに来てくださいね。

あなたのチャンネル登録が動画更新の励みになります。

www.youtube.com

 

いつまでもみんなで楽しく釣りが出来る様にゴミと思い出は自分で持ち帰りましょう。

 

 

真鱈の真子で特大タラコ作ってみた!

f:id:awajitakota:20200405151721j:plain

久々のブログ更新です。

暖かくなってきたので、釣りにはちょくちょく行っているのですが、全然釣れないので記事の更新が出来ません。

 

f:id:awajitakota:20200405152047j:plain

 この間も小浜新港に行ってサビキで豆アジくらいは・・・と思ったのですが、見事にボウズでした。

でも小浜新港はボウズでも近くにフィッシャーマンズワーフとかその向かいの一般開放されている市場があるのでボウズに優しい釣り場です。

 

f:id:awajitakota:20200405152704j:plain

画像は真鱈のメスです。

めちゃくちゃでっかいでしょ?

この大きさで1,400円で売っていたので即買いました。

 

f:id:awajitakota:20200405152938j:plain

肝心の捌く工程を写真に撮るのを忘れていました・・・

画像は三枚おろしにした切り身とキモ、胃袋です。

胃袋にはイワシが山盛り入っていました。

 

f:id:awajitakota:20200405154158j:plain

画像では伝わりにくいのですがすごい量です。

食べるとこいっぱいありそうです。

 

f:id:awajitakota:20200405154333j:plain

標題に戻りまして、超特大真子です。

この中にいったいいくつの卵が入っているのでしょう・・・

これだけデカいと結構グロテスクです。

 

f:id:awajitakota:20200405155306j:plain

塩をふって器を少し斜めにして4時間くらい放置します。

 

f:id:awajitakota:20200405155359j:plain

傾斜をつけているので水分が下の方に溜まってきました。

 

f:id:awajitakota:20200405155608j:plain

一旦水で洗い流します。

そこに顆粒タイプの昆布だしをまぶして、料理酒を適当にぶっかけます。

 

f:id:awajitakota:20200405155823j:plain

みりんも適当にぶっかけます。

なんか色っぽいツヤが出てきました。

 

f:id:awajitakota:20200405155927j:plain

醤油を適当に入れます。

 

f:id:awajitakota:20200405160022j:plain

バットでは調味液がどれだけあっても足りないので、ジップロックに入れ替えます。

 

f:id:awajitakota:20200405160126j:plain

この状態で冷蔵庫に一晩寝かせます。

 

f:id:awajitakota:20200405160248j:plain

これが一晩寝かせたものです。

調味液が中までしみ込んでいるか切ってみます。

 

f:id:awajitakota:20200405160406j:plain

こんな感じですが・・・

中まではしみ込んでなさそうです。

なんか見た目はなすびのどぼ漬けみたいな感じです。

 

f:id:awajitakota:20200405160527j:plain

焼きタラコにしてみましたが、味が中までしみ込んでいないので塩気が少し物足りない感じでした。

 

f:id:awajitakota:20200405160736j:plain

この切った状態で小分けにしてもう一回調味液を入れます。

また調味液をイチから作るのがめんどくさかったので今回はめんつゆで代替です。

このまま1週間寝かせてみます。

 

f:id:awajitakota:20200412152036j:plain

冷凍して1週間寝かせたのがこちらです。

良い感じに漬かっている様に見えます。

見た目はほぼタラコです。

 

f:id:awajitakota:20200412152203j:plain

おそるおそる食べてみました。

これはもう辛子明太子以外の何物でもありません。

ごはんにめっちゃ合います。

明太子にするのはスケソウダラの方が向いているようですが、これでもじゅうぶん美味しいです。

真鱈は白子が入っているオスの方が価値が高いみたいで、真子は結構安くで売られているので、リーズナブルに自家製タラコを楽しめます。

ぜひあなたも挑戦してみてはいかがですか?

 

今回の記事はあなたのお役に立ちましたか?

海も山も大好きチャンネルではYouTubeでの動画も配信しています。

主に釣り動画を配信しているので、ぜひ遊びに来てくださいね。

あなたのチャンネル登録が動画更新の励みになります。

www.youtube.com

 

 

日本鋼管のJFE突堤は簡単にハマチが釣れました!

f:id:awajitakota:20191202101812j:plain

ソルトルアーを初めて苦節4年。

この夏に初めて青物を釣ったJFE突堤がハマチフィーバーだという噂を聞いたので早速行ってみました。

f:id:awajitakota:20191202102213j:plain

使用ルアーはJACKEYEマキマキのライブリーアジ40gです。

最近はこれしか使ってません。

とにかく釣れる気しかしないルアーです。

最近では品薄状態が続いているので、釣具屋さんで見つけたら買い占めています。

f:id:awajitakota:20191202102614j:plain

JFE突堤と日本鋼管の違いは何なんでしょうか?

行き止まりの突堤がJFE突堤でそれを含めた道沿いのテトラ帯の総称が日本鋼管なのでしょうか?私はそう理解しているのですが・・・。

突堤の方は人が多すぎて写真を撮るところがありませんでしたので動画のオープニングは少し空いたところで撮影しました。

f:id:awajitakota:20191202103120j:plain

めずらしく朝マズメから頑張りました。

平日の朝一なのにすごい人の数です。

3mおきくらいに人がいて、常にまっすぐにしか投げられない状態ですw

まわりを見ても釣れてる気配はありません。

f:id:awajitakota:20191202103346j:plain

マキマキ3投目でヒットです。

結構なヒキですよ。

f:id:awajitakota:20191202103450j:plain

竿1本だけ持ってタモも持たずに来たのでブリ上げですw

40cmはあったのでハマチと呼ばせてください!

f:id:awajitakota:20191202103748j:plain

自己新記録サイズのハマチをクーラーボックスに入れているあいだに陽がどんどん上がってきました。

あいかわらずまわりは全く釣れていません。

f:id:awajitakota:20191202103953j:plain

またまた3投目でヒットです。

f:id:awajitakota:20191202104030j:plain

さっきより小さい感じがしますが、あちこち走り回っています。

テトラに擦れて切れてしまいそうです。

f:id:awajitakota:20191202104145j:plain

見えてきました。

ブリ上げます!

f:id:awajitakota:20191202104234j:plain

きたぁ~。

ピンぼけですみません。

f:id:awajitakota:20191202104311j:plain

朝日に映えるハマチ・・・ツバス・・・。

f:id:awajitakota:20191202104359j:plain

またまたやったりました!

やっぱりマキマキは釣れる気しかしませんw

楽しすぎでしょw

f:id:awajitakota:20191202104450j:plain

1時間ほどの釣行で2匹釣れました!

昼から仕事なのでこれにて納竿です。

タライに入りきらないほどのサイズの魚を釣ったのは初めてです。

f:id:awajitakota:20191202104711j:plain

お刺身にしていただきましたよ。

マグロとタコはスーパーで買いましたw

 

今回の釣行はYouTubeで動画も配信しています。

静止画だけでは伝わらないファイトシーンをぜひ動画でもご覧いただきたいです。

まわりは誰も釣れてないのに僕だけ連発で釣れてた優越感をぜひ見に来てくださいね。


JFE突堤で青物釣れます(三重県・JFE突堤)

 

今回の記事はあなたのお役に立ちましたか?

海も山も大好きチャンネルは他にも色々な動画を配信しています。

ぜひ遊びにきてくださいね。

あなたのチャンネル登録が動画更新の励みになります。

www.youtube.com

 

釣りの際はあなたの身を守るためにライフジャケットを着用しましょう。

 

水深が日本一深い漁港は足元でナブラが起きます!(三重県・九鬼漁港)2回目!

f:id:awajitakota:20191129114243j:plain

漁港の中では水深の深さはおそらく日本一であろうと言われる九鬼漁港に行ってきました。

今回で2回目の釣行です。

噂では、おかっぱりからクエやら真鯛が釣れるというからワクワクします。

画像にあるように着いて早々に足元でナブラが!激アツでしょ。

f:id:awajitakota:20191129114747j:plain

周囲は山に囲まれて自然豊かな場所です。

水深は25mくらいあるそうです。

一番深いところは50mあるみたいです。

f:id:awajitakota:20191129114919j:plain

水面を覗けば何やら青い魚が・・・熱帯魚みたいですね。

f:id:awajitakota:20191129115019j:plain

このベイトは何でしょう?

f:id:awajitakota:20191129115045j:plain

アップで見るとイワシっぽいですかね?

f:id:awajitakota:20191129115116j:plain

泳がせ釣りに使うためにイワシっぽいのをサビキで狙います。

f:id:awajitakota:20191129115159j:plain

こんなにウジャウジャいるのに中々釣れません。

f:id:awajitakota:20191129115240j:plain

苦労して何とか1匹釣りました。

f:id:awajitakota:20191129115308j:plain

見た目はイワシにしてはウロコが固そうです。

キビナゴでもないし・・・サッパにしては角ばっているし・・・ボラとも顔がちょっと違うし・・・

f:id:awajitakota:20191129115504j:plain

ツイッターで聞いてみたら、たくさんの方からお返事をいただきました。

トウゴロウイワシかギンイソイワシのどちらかっぽいです。

ウロコのままから揚げにしたら美味しいらしいです。

お返事いただいた方々ありがとうございました。

f:id:awajitakota:20191129115819j:plain

早速、邪道タイラバにセットです。

f:id:awajitakota:20191129115857j:plain

邪道タイラバでしばらく遊んでいましたが、アタリすらないので、置き竿にしておいて泳がせておきます。

その間にメタルマルを投げてみます。

f:id:awajitakota:20191129120039j:plain

水深が深いので着底するのに時間がかかります。

巻きだしてすぐにアタリが!

f:id:awajitakota:20191129120208j:plain

オオモンハタです。

小さいくせに中々の引きを楽しませてくれました。

f:id:awajitakota:20191129120426j:plain

サビキでは赤ちゃんガッシーが釣れました。

f:id:awajitakota:20191129120510j:plain

邪道タイラバはエサのイワシだけ取られていました。

魚はたくさんいるのにサビキですら中々釣れないので本日はこれにて納竿です。

f:id:awajitakota:20191129120642j:plain

釣っている途中で地元の方が話かけてきてくれました。

鯛やら青物が釣れるらしいです。アオリイカも釣れるそうです。

フレンドリーな方が多くて色々と教えてくださいます。

九鬼漁港、静かなところで良いところです。

次回来たときはクエを釣りたいです。

 

今回の釣行は動画でもアップしています。

静止画では伝えられないシーンなどをぜひご視聴ください。


水深が日本一深い漁港にて足元でナブラ(三重県・九鬼漁港)

 

今回の記事はあなたのお役に立ちましたか?

海も山も大好きチャンネルでは他にもたくさんの動画を配信しています。

ぜひ遊びにきてくださいね。

あなたのチャンネル登録が動画更新の励みになります。

www.youtube.com

 

釣り場では安全の為にライフジャケットを着用しましょう!

延べ竿VSリール竿どっちが手返し良いか(福井・小浜新港)

f:id:awajitakota:20191118190634j:plain

小浜新港で釣りました!

昨年からサヨリ釣りを始めました。

最初はリール竿でやっていたのですが、まわりがめっちゃ釣れている中で、自分たちは全然「釣れず」の状態を見るに見かねて、まわりの方が竿を貸してくれたり、釣り方を色々と教えてくれたりで、コツが分かってきてどうにか自分たちだけでうまく釣れる様になってきました。

f:id:awajitakota:20191118191445j:plain

小浜でのサヨリ釣りは「のべ竿」が基本です。

実際にベテランの方々を見るとリールを使って釣っている人は見かけません。

私も教えていただいてからは「のべ竿」を購入してサヨリ釣りを楽しんでいました。

f:id:awajitakota:20191118191846j:plain

最初は360cmの延べ竿を買ったのですが、ある日、岸より少し遠めのサヨリの群れが集まっている時があり、その日はまわりのベテランさんたちも攻めあぐねていて、釣果も今一つな時がありました。そんな中で私が釣れるはずもなく・・・。

届かないなら長い竿を買えば良いと素人の考えで540cmの竿を買ったのですが・・・。

重い・・・。

重くてすぐ疲れるので釣りになりません。

それならば軽くて長い竿ならばどうかと720cmで自重が360cmと変わらない竿を購入して、意気込みましたが・・・。

軽いのは良いのですが、長い分だけ動きが鈍り、手返しが悪く感じました。

f:id:awajitakota:20191118192802j:plain

結局、自重の軽くてコンパクトな360cmを使う事が多くなったのですが、前述の通り、遠くに群れがいる場合は届かないというデメリットはカバーできません。

ならばやはり、リール竿の方が良いのでは?

今回は、延べ竿とリール竿で数釣り勝負をしてみます。

f:id:awajitakota:20191118193235j:plain

仕掛けはいつものピンポン玉のやつにこの針を付けます。

f:id:awajitakota:20191118193335j:plain

撒き餌さはアミエビ1:米ぬか9の割合です。

f:id:awajitakota:20191118193424j:plain

 針にアミエビをつけます。

しっかりつけないとすぐに取れてしまいます。

f:id:awajitakota:20191120114112j:plain

さて釣り開始です。

見た感じではサヨリはいなさそうです。

ボラかウグイでも良いので狙っていきます。

f:id:awajitakota:20191120114303j:plain

ヒイラギです。

ここでの定番の魚です。

大きくても15cmくらいにまでしかならないみたいです。

小骨が多いので食べるのが面倒なのでリリースです。

f:id:awajitakota:20191120114424j:plain

さて、リール竿の方です。

f:id:awajitakota:20191120114500j:plain

こちらもアミエビを付けてから投げます。

リール竿のデメリットは投げるときにアミエビが外れやすいことです。

f:id:awajitakota:20191120114558j:plain

投げた途端オチパクで釣れました。

ウグイですね。

f:id:awajitakota:20191120114633j:plain

こっちは調子が良いようです。

f:id:awajitakota:20191120114701j:plain

また、来ました。絶好調です。

f:id:awajitakota:20191120114729j:plain

ウグイ2匹目です。

 

この後、風が強くなってきたので、これにて納竿です。

結局サヨリがまわってこなかったので、数釣り勝負は出来ませんでしたが、今回はリール竿に完敗です。

次はサヨリの時期に勝負してみます。

f:id:awajitakota:20191120115020j:plain

近くのトイレに貼ってあった新聞記事です。

f:id:awajitakota:20191120115324j:plain

どうやら、ここに釣りに来ている人が、いつもトイレを気持ちよく使わせてもらっている感謝の気持ちを込めて、造花とお手紙を置いていかれたみたいです。

これを見てなんだかあたたかい気持ちになりました。

私も釣り場をキレイに使いたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回の記事はあなたのお役に立ちましたか?

今回の釣行は動画でも配信しています。


延べ竿VSリール竿(福井・小浜新港)

 

いつまでもみんなで楽しく釣りが出来るようにゴミと思い出は自分で持ち帰りましょう。

 

海も山も大好きチャンネルでは、他にもたくさん動画を配信しています。

ぜひ遊びに来てくださいね。

あなたのチャンネル登録が動画更新の励みになります。

www.youtube.com

 

釣り場ではライフジャケットを着用しましょう!

邪道タイラバで釣ってみた!

f:id:awajitakota:20191104171222j:plain

 

今回はタイラバに親子スイベルで泳がせの針を付けて、泳がせ釣りとタイラバを同時にやってみました。

これをやってみようと思ったのは、今まで船の泳がせ釣りをやる時に着底後に竿をしゃくってオモリを海底にゴンゴン当てていたらよく釣れたので、それならオモリの代わりにタイラバ付けてみたら釣れるのでは?との考えに至りました。

f:id:awajitakota:20191104171835j:plain

レンタルボートをお借りして、持ちこんだ船外機を付けます。

この白いボートにはイケスが搭載されているので便利です。

f:id:awajitakota:20191104172019j:plain

まずは、サビキで泳がせに使うアジを釣ります。

この日はあまりアジがいないのか?ポイントが悪いのか?入れ食いではありませんでした。

f:id:awajitakota:20191104172149j:plain

それでもポツポツと釣れます。

f:id:awajitakota:20191104172229j:plain

このアジなんか背中にスレ掛かりして、もうすでに背掛けの泳がせ状態ですw

f:id:awajitakota:20191104172341j:plain

アジが20匹くらい溜まったので、沖に出ます。

タイラバに親子スイベルを付けて針を通します。

f:id:awajitakota:20191104172505j:plain

アジを背掛けして・・・
 f:id:awajitakota:20191104172839j:plain

 邪道タイラバの完成です。

釣れそうですねw

f:id:awajitakota:20191104172953j:plain

まずは着底させます。

結構深いです。

f:id:awajitakota:20191104173034j:plain

着底したら大きくシャクってやります。

それでまた着底したら大きくシャクるの繰り返しです。

f:id:awajitakota:20191104173143j:plain

なんと!

1投目からヒットです!

結構重たいです!

f:id:awajitakota:20191104173237j:plain

うっ・・・

超デカいエソでした・・・

泳ぎ方といい、その魚影といい、サメみたいです。

これは泳がせのアジに食ってきました。

f:id:awajitakota:20191104173433j:plain

気を取り直して2投目です。

さっきのエソに針を切られたので、針を付け替えての再チャレンジです。

f:id:awajitakota:20191104173546j:plain

同じように着底後シャクります。

f:id:awajitakota:20191104173719j:plain

また来ましたぁ!

今度はめっちゃ重いです。

巻いてる間、脇に竿を挟んでいるのですが、めっちゃ脇が痛いです。

f:id:awajitakota:20191104173952j:plain

なんとダブルヒットです。

タイラバにはアオハタが、泳がせにはエソがw

そりゃ重いはずですわ。

f:id:awajitakota:20191104174100j:plain

30cmはありそうですね。

f:id:awajitakota:20191104174150j:plain

エソは暴れるので、このカッコで針を外します。

マジでサメみたいに見えて恐いです。

f:id:awajitakota:20191104174301j:plain

でっか・・・

f:id:awajitakota:20191104174327j:plain

やっぱり邪道タイラバ釣れましたw

この日の釣果は、アオハタ1匹、デカエソ4匹でした。

デカエソも2匹持って帰ります。

f:id:awajitakota:20191104174544j:plain

骨ボネしいエソをなんとかおいしく食べたいと思い、骨切りをしてみました。

これで骨を気にせずに食べられるはずです。

f:id:awajitakota:20191104174751j:plain

浅めのお鍋でしゃぶしゃぶ・・・

ハモおとしならぬエソおとしです。

f:id:awajitakota:20191104174857j:plain

プルンプルンで見た目はめっちゃ美味しそうです。

f:id:awajitakota:20191104174937j:plain

シークァサーと醤油を混ぜた自家製ポン酢で食べたら、ナニコレ・・・めっちゃ美味しいですやん。

こんなことなら全部持って帰ってきたら良かったです。

これからはエソが釣れても持って帰る事に決めました。

本当におすすめの食べ方ですよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事はあなたのお役に立ちましたか?

この釣行はYouTubeで動画配信もしています。

画像だけでは伝わらないダブルヒットのファイトシーンを、ぜひ動画でも楽しんでいただきたいです。


邪道タイラバで釣れました!

 

いつまでもみんなで楽しく釣りが出来る様に「ゴミ」と「思い出」は自分で持ち帰りましょう。

 

海も山も大好きチャンネルでは他にもたくさん動画を配信しています。

ぜひ遊びに来てくださいね。

あなたのチャンネル登録が動画更新の励みになります。

www.youtube.com

 

釣り場ではライフジャケットを着用しましょう!